臼井レイキ

臼井レイキとは?

レイキ(臼井レイキ)は古代チベットを起源とされるものです。
19世紀後半、命の本質と生命エネルギーの活用法を探索し研究を重ねていた
臼井甕男氏(うすいみかお:1865~1926)により「靈氣」と名づけられました。

臼井氏がサンスクリット語(古代インド語)で書かれている仏教の経文からヒントを得て、その後京都の鞍馬山にて21日間の断食・瞑想を行い、まとめあげたものだと言われています。

当時手当て、“手かざし療法”は最もポピュラーな健康法でしたが、その中核をなしたのが、霊気療法(レイキヒーリング)であり、臼井甕男氏だったとされています。レイキの創始者というだけでなく「手当療法の中興の祖」とも仰がれました。

大正11年に東京青山に学会を設立。14年には東京中野に移転拡大し、地方にも広がってゆきましたが戦後の混乱の中、限られた人たちに受継がれながらも、一般の人たちの間には広がらず、発祥の地、日本から一時姿を消すことになります。

臼井氏が亡くなる直前にレイキの全ての内容を伝授され、東京信濃町でレイキのクリニック(ハヤシクリニック)を開業していた林忠次郎氏のもとで、奇跡的な治癒をした一人に、ハワイの女性ハワヨ・タカタ女史がいました。

死の床から救ってくれたレイキの素晴らしさに感激した彼女は、後に林氏からレイキマスターの訓練を受け、ハワイに持ち帰りレイキヒーリングを行い、1980年に亡くなるまで22名の指導者(レイキティーチャー)を養成しました。

その後レイキはものすごい勢いで
世界中(ハワイ・アメリカ・カナダ・ドイツ・オーストラリア・・・)に広がり発展してゆき、
1985年頃から「逆輸入」される形で日本に上陸。

現在では本や雑誌などにも取り上げられるようになり、
ホリスティック医療を目指している、セラピスト、ヒーラー、治療家はもちろん、
一般の人達の間でもレイキプラクティショナー(実践者)となる人が増え、
やっと日本でも手当療法(レイキヒーリング)が脚光を浴びる時代となりました。

レイキプラクティショナー(実践者)になると・・・

レイキエネルギーと繋がり、自分にも他人にも
エネルギーを流すこと(レイキヒーリング)ができるようになります。

レイキエネルギーは自動調節ですので、注意集中はせずに、媒体・導管として
ただ手を当てるだけで、エネルギーは流れます。

他のセラピー(テクニック)と併用することで、より良い効果を得ることができます。
安らぎや慈愛、慈悲の感情が深まり、精神性の向上、不動の心、自己信頼が深まります。
直観が鋭くなり、良い意味でエネルギーに敏感になります。
素晴らしい本質の向上(その人にとって最高・最良の状態となります)。

臼井レイキセミナー

レベル1肉体の癒しと調和 22,000円(1日)
レベル2心と感情の癒し・遠隔ヒーリング 27,500円(1日)
レベル3高次元の意識と繋がる・光をもたらす 38,500円(1日)
ティーチャー伝えること・媒体になることでの拡大成長 94,500円(2日間)
ファーストディグリー
肉体の癒しと調和
  • レイキエネルギーを受け取りながら、レイキとは何かを知ってもらいます
  • 4回のアチューンメントを一人一人のエネルギーを観てゆきながら行っていきます
  • 自己ヒーリング、他者ヒーリングの方法(チャクラに対応した12ポジション)を学び、実践します

エネルギーが体中に満たされますと、人によっては眠たくなったり、だるくなったりしますが、
安心して下さい。レイキエネルギーを受け取り、身体の調節、浄化が始まっているのですから・・・。
この日は、たくさんの水分(お茶やお水)を取られてゆっくりされて下さい。

セカンドディグリー
心と感情の癒し・遠隔ヒーリング
  • 3回のアチューンメントを行います
  • 3つのシンボルとマントラを伝授し、そのシンボル、マントラの内容と使い方を学びます
  • 3つのシンボル、マントラを使うことで、レベル1の時よりもレイキエネルギーとの繋がりが深まり、パワーアップします

心や感情の癒しに効果のあるシンボル・マントラや、遠隔ヒーリング(離れた場所にいる人に
エネルギーを送る)ができるようになるシンボル・マントラがあり、応用範囲が広がります。
3つのシンボル・マントラはコピーしたものをお渡ししますが、なるべく早く覚え、実践して下さい。
レイキヒーリングの魅力はこのシンボル・マントラを使用することでより明確に
レイキと繋がるシステムですから、常に応用されることが向上の道となります。

サードディグリー
高次元の意識と繋がる・光をもたらす
  • 3回のアチューンメントを行います
  • 最後のシンボル(マスターシンボル)を伝授し、そのシンボル、マントラの内容と使い方を学びます
  • 臼井レイキ最終段階で、全てのエネルギーを受け取ったことになり、 もう一度、4つの臼井レイキのシンボル、マントラの確認をします
  • 他者ヒーリングの実践をします

マスターシンボルをいただくことで、高次の意識と深く繋がりがもてるようになります。
今までのレイキより、それを「分かち合うもの」として意識を広げていって下さい。
「与えることが、受け取ること」「全てはひとつ」ということの理解が深まり、常に光に守られ、
安らぎと喜び、慈愛にあふれた生き方、在り方へと変化してゆかれるでしょう。

ティーチャーディグリー
伝えること・媒体になることでの拡大成長
  • アチューンメント方法を学び、練習をします
  • 何故ティーチャーになろうと思ったのか、レイキとは、レイキヒーリングをどのように受け取っているかをシェアします
  • レイキの各レベルでの伝え方を指導します

レイキヒーリングを自分や他の人に行うことで、肉体・感情・精神の浄化、霊的向上になるのですが、
ティーチャーとなりレイキを伝える「媒体」になりアチューンメントをすることはものすごい速さでの、浄化・向上となります。
“教えるということは、最も教えられるということ”の必要性を素直に受け取り、いかに純粋な、
媒体・導管となるかということを目標にされて下さい。
たくさんのギフトを受け取れる可能性が一番高いのは、実はティーチャーなのですから・・・。

体験を通しての気づきは、素晴らしく、何者にもかえがたいものとなり、
さらなる成長へと導いてくれることでしょう。

アチューメントとは

レイキエネルギーと繋がるための、エネルギー伝授の「儀式」です。
アチューンメントを受けた後は、レイキエネルギーと同調することができるようになります。

レイキの回路(パイプ)は長年のストレスや感情の歪みなどにより、汚れたり塞がって
いたりします。その通り(パイプ)を掃除し、修復するための「儀式」でもあります。

1回15分くらいかかりますが、イスに座りくつろいでいて下さい。
目を閉じていただきますので、眠くなりましたらどうぞ寝てくださっても結構です。
ただ、感じるままに委ねていて下さい・・・。

えも言われぬ安らぎや至福感を感じたり、温泉に入っているような温もりや、
深いリラックス感、大いなる存在に包まれているような安堵感を感じるかもしれません。

レイキ再アチューンメント 5,000円(40分)

今までにレイキセミナーを受けたことのある方にアチューンメントとレイキの確認をします。
シンボル・マントラの内容の確認やレイキの使い方、自己・他者ヒーリングの手順、
遠隔ヒーリングの方法など、どうしたらいいのか不安に思っていることや、
分からないことなど疑問や質問などを一緒に確認していきます。

他のところでレイキセミナーを受けられた方、大歓迎です!
どの段階まで受講されているか、おっしゃって下さいネ。

レイキのセミナーを受けたけど、「レイキが流れている実感がない」「レイキの使い方や活用方法などがあいまい」
「もう一度、アチューンメントを受けてレイキのエネルギーを安定させたい」という方や、
ずっと昔にセミナーを受け長い間レイキを使っていないため
「レイキのパイプが塞がってしまったような気がする」ときなどに、ご利用ください。

お問い合わせ・お申し込み tel. 06-6863-7757